ペルー旅行は予防接種が必要?

ミサ子です。

海外旅行で不安なのは感染症!対策は万全にしたいものです。

ペルーではどんな感染症があるのでしょうか。調べてみました。

・感染症の心配が不要のケース

まずは感染症の危険が0の場合です。行く場所によって変わります。

実は、定番の「マチュピチュ、リマ、ナスカの地上絵、ティティカカ湖」だけに行く場合は感染症の心配は不要です。

なので予防接種もしなくてOKです。

むしろ高山病の対策をした方が良さそうですね(マチュピチュ遺跡は標高約2400m)

・感染症の可能性があるケース

蚊からの感染
ジカ熱、黄熱病、デング熱、マラリアといった感染症の可能性があります。

野犬からの感染
ペルーの大田舎に行く場合は予防接種をした方がいいと思います。

魚介類からの感染
ペルーの代表的な料理でセビーチェがあります。生魚なんですけど、レストランで出される分には問題ありません。

ただし、屋台で食べる際は気を付けてください。

・予防接種を受けるなら

ペルー旅行での感染対策に予防接種はおススメです。

特に以下のものがいいでしょう。
黄熱病、A型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病

といっても、通常のツアーで訪れる際には必要ありません。あくまで、ディープなスポットへ行きたい人向けの対策ですね。

ペルー旅行で注意すること

ミサ子です。

海外旅行の話を友人や家族にすると、決まって「危険じゃないの?」と聞かれます。

異国の地で女性ですし安全面は気になりますよね~

というわけで今回はペルー旅行に行くときに気をつけることです♪

多額の現金を持ち歩くのはNG

これはペルーに限った話ではありませんが重要です。

ペルーは日本ほど治安が良くないので注意しましょう。

対策として、現金よりクレジットカードを持ち歩くことをおススメします。もし、盗難にあっても電話1本で利用を停止できるので安心できますね。

タクシーは2種類!流しタクシーはNG

ペルーには流しタクシー(何処でも捕まえられる)と無線タクシー(アプリ等で呼び出す)の2種類存在します。

実は南米ではタクシーが強盗に加担することがあります(怖すぎますね~💧)

安全なタクシーを選ぶには必ず無線タクシーを利用してください。これだけでリスクがグッと減りますよ。

ペルーは安全な方

実はペルーで気を付ける点(犯罪など)は上記の内容くらいです。かなり安全な方だといえます。

その他の注意点

その他の注意点は以下の通りです

・インターネット環境
フリーWi-Fiは主要施設のみです

・食べ物に睡眠薬
バスなどで隣の乗客からの食べ物は全て断りましょう!

・遺跡観光
立ち入り禁止地区があります

・喫煙
ペルーは禁煙の場所がほとんどです。

・マチュピチュなどで高山病
コカの葉や多くの水分補給など、対策必須です

ペルー旅行の持ち物!一挙公開

海外旅行が大好きなミサ子です。

東南アジアは全て制覇しました。次は遠くに行きたいですね。

最近気なる国はペルーです。なんと日本の真裏にあります(笑)

飛行機も20時間以上かかるので希望通りの長旅になりそうですね♪

このブログでは、ペルー旅行について発信していきますので宜しくお願いします。

今回はペルー旅行の持ち物についてです。

ペルー旅行の持ち物はコチラ

ペルー旅行へ行く際に注意することがあります。

例えば雨!ペルーは雨が多いので雨対策は必須です。そして私も含めて、マチュピチュ遺跡やナスカの地上絵に行かれる予定の方が多いと思います。その際にアウトドアグッズがあると便利ですよね。

ペルー旅行時に持っているとよい物をまとめましたので参考にしてみてください。

・一般的なもの

パスポート
クレジットカード
化粧品等

・ペルー旅行特有のもの

防水のスニーカー(ペルーは雨が多い)
軍手(マチュピチュでは岩に昇ることが多い)
レインコート(上下)
ダウン
トイレットペーパー(ペルーの公衆トイレにはトイレットペーパーがない💧)
ウェットティッシュ(ペルーのレストランではお手拭きがでない)
虫除け(ペルーは虫が多め)
日焼け止め(ペルーは日差しが強め)
サングラス
水着(ペルーの温泉は水着着用)

まとめ

ペルー旅行ならではの持ち物が多いです。ぜひ参考にしてくださいね~